ストレートネック

ストレートネックで首肩が痛いと新規のお客様が来られました。

ストレートネックの方は、肩こりや頭痛の症状に悩まされます

ある健康関連のCMで「スマホ首」というワードがありましたが、ネット社会と言われるように

なってからストレートネックが増えました。

ストレートネックとは

背骨を横から見ると、真っすぐではなくて前や後ろに弯曲しています。

首は本来、30~40度の前弯カーブをしていますが、長期間の姿勢の崩れ首の筋疲労

交通事故や怪我での外傷によって弯曲が真っすぐになってしまう状態をストレートネック

と言います。

ストレートネックは、頭が前に移動してしまうので、頭を首の筋肉だけで支えなくてはなりません。

そのため首の筋肉が過剰に緊張し、慢性的な首の症状が現れます。

ストレートネックの主な原因はうつむき姿勢です。

アゴを引いた姿勢(30度)では、通常の頭の重さの3倍以上の重さが、首の付けに掛かります。

また、首の弯曲が崩れることにより、背中や腰の弯曲カーブも減少するために首だけでなく、

身体の様々な箇所に症状が現れてしまいます。

ストレートネックになる原因

  • うつむき姿勢
  • 矯正的にアゴを引いた姿勢をとる
  • 猫背 反り腰
  • 首の筋疲労
  • 食いしばり
  • 高さの合わない枕
  • 外傷(交通事故、怪我)
  • 首の骨の奇形

ストレートネックの症状

  • 首肩こり、後頭部痛
  • 背中や腰の痛み
  • 頭痛、眼精疲労
  • 寝違いが起こりやすい
  • うがいが出来ない(頭を伸展すると痛い)
  • 腕のしびれ
  • ふらつき

セルフチェック

イラストには書いていませんが壁から5㎝前に立ちます。両足は閉じ「気を付け」の姿勢です。

この状態で、お尻→腰→背中→肩→後頭部を壁につけます。

ストレートネックの方は頭が壁につきません。

普段から猫背や反り腰など、姿勢に問題がある方はこの姿勢をすると、かなりしんどく感じる

のでキープ出来ません。

ストレートネック改善法

  • うつむき姿勢猫背姿勢をやめる
  • 同じ姿勢で作業する時は1時間ごとに休憩をとる
  • 首のカーブに合う枕を使う
  • 食いしばりがある方はマウスピースを着用する
  • 首のカーブに合った枕を使う
  • 首の前と横の筋肉をほぐす
  • 全身のバランスを整えることで首に掛かる負担を軽減する

ストレートネックに一番よくないのは、うつむき姿勢です。

また猫背姿勢や腰が落ちた姿勢は、頭が下がり首が前に突っ込むので、これらも止めましょう。 

首のカーブを支えるために、枕は必ず使用しましょう。

ストレートネックの中には、高さが合う枕に出会えず、枕を使わない方もいます。

しかし、人間の首にはカーブがあるので枕は必須です!必ず使用してください。

セルフケアとして首の筋肉をストレッチのはお勧めです。

しかし、頭を支えるのが首であり、首を支えるのは背骨や骨盤なので、やはり全身のバランスを

整えることで首への負荷が軽減します。

ですから、定期的に専門知識がある施術者に体のケアをしてもらうことをお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

いきみからの腹痛