①肋間神経痛

Q肋間神経痛とは

肋骨に沿って現れる痛みで、特定の箇所に発作性・反復性に現れます。痛みは針で刺されたかのように鋭く、不規則な間隔で繰り返し起こりますが、長時間持続することはありません。

Q肋間神経痛になることで起こる症状

肋骨に沿って発作的に痛む・胸の痛み・肋骨がズキズキ痛む・呼吸やくしゃみする度に痛む・背中を刺すような痛みなど。

Q肋間神経痛になる原因

原因が不明な場合と、炎症・腫瘍・外傷など明らかな場合とに分かれます。よくあるのは、ゴルフなど一方への回転運動を過度に繰り返したことで肋骨がゆがみ痛む・帯状疱疹後の痛みです。

Q肋間神経痛への対応

まず楽な体勢を探してから背部・脇腹・横隔膜をゆるめます。痛みが強いので、直接ゆがみのある肋骨は矯正しません。
間接的に肋骨を矯正するため「腹圧」を利用します。痛みのある肋骨にテーピングを施します。(肌が弱い方は控えます)
痛みレベルが下がり、体をねじれるようになってからゆがみのある肋骨を矯正します。
座位姿勢しかとれない程の強度な痛みの場合、まずは痛みを早く取ることを第一に考え整形外科での処置(神経ブロック注射)をお薦めします。

②脊柱側弯症

Q脊柱側弯症とは

身体を後ろから見て背骨が曲がる状態を指し、小児でも成人でも発症します。側弯症は「構造性側弯症」と「機能性側弯症」に分れます。
構造性側弯症とは、生まれつき(先天的)骨の形態異常のものや病気により背骨が曲がるものを指し、特殊な器具を使い背骨を矯正したり手術を行います。
機能性側弯症とは、筋肉が背骨を引っ張ることで背骨が曲がることを指します。当院の施術対象は機能性側弯症のみとなります。

Q脊柱側弯症になることで起こる症状

体のアンバランスを生じるため、肩こり・腰痛・頭痛など様々です。側弯の強度が強い場合、背骨と肋骨で構成された胸郭(きょうかく)と呼ばれる空間が著しく狭くなり、心臓や肺が圧迫されることで息苦しさや胸の苦しさなどの症状が現れることもあります。

Q脊柱側弯症になる原因

原因が不明なもの・生まれつき骨の形態異常なもの・病気や麻痺に伴ったもの・中高年以降、椎間板の変性によるものがあります。

Q脊柱側弯症の対応

構造性か機能性かを判断するため、前屈検査を行います。これは前屈した際に、左右背中の高さをみます。前屈にて背骨は曲がったままで左右の高さが異なる場合、構造性側弯症と判断します。
この場合、ご本人に説明して納得頂ければ全身の筋肉をゆるめるほぐし療法のみ行います。
前屈にて背骨が真っ直ぐになり左右の高さも平行になる場合、機能性側弯症と判断します。
この場合、施術対象となりますので筋肉の硬縮や痛みでアンバランスをおこしてるだけか、しびれなど神経根が原因でおこしているのかを調べ、結果に沿った施術を行います。