セルフチェック

こんなお悩みはございませんか?

1長時間のパソコン操作で首や肩はこり固まり、腕がパンパンに張る。

長時間のパソコン操作で首や肩はこり固まり、腕がパンパンに張る。

頭の重さは成人でだいたい体重の10%位、腕の重さは6%位あります。
首が15度傾くと頭の重さは約2倍、30度傾くと頭の重さは約3倍になります。
姿勢が崩れて首が傾けば、それだけ肩への負担は大きくなります。体重50㎏の人だと、10㎏・15㎏が肩にのることになります。
パソコン操作時、もし腕を前に伸ばした状態で行うと、肘が浮き肩が上がった体勢となります。これは3㎏ずつ荷物を持ち続けるのと同じです。
指を動かす筋肉は手首から肘まで繋がっています。指の酷使は手首・腕・肘の痛みとして現れます。
パソコン操作時は、肘を固定した状態で行う・目線が下がり過ぎないように机やパソコン自体を上げるだけでも症状の軽減になります。

2座っている姿勢から立つ時に腰が痛い

座っている姿勢から立つ時に腰が痛い

「座る」・「立つ」・「歩く」・「寝る」が基本姿勢です。この中で、一番腰に負担がかかるのは「座る」姿勢です。
何故ならば、座った時に圧が直接腰にかかるので腰痛を起こしやすくなります。
姿勢による腰への負担を数値で表すと、立った状態を100とした場合、座る姿勢は140・立って前傾は150・座って前傾は185です。
座った状態と、立って前傾がほぼ変わらないことが分かります。
悪い姿勢で座り続けると、関節・筋肉・内臓に無理な負担がかかり痛みを起こします。
座る時は坐骨を立てて腰は背もたれに着くよう深く座ります。股関節が鋭角にならないよう、足裏がきちんと着くように椅子の高さを調節します。
同じ姿勢を取り続けないように、1時間に1回は立ち上がり体を動かしましょう。

3朝、起きる時に腰が痛い

朝、起きる時に腰が痛い

施術を続けても症状が改善しない場合、椎間板障害の可能性を疑います。
代表的なものでは、腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離すべり症・脊柱管狭窄症があります。
椎間板障害の症状で1番の特徴が、朝、起きる時に腰が痛いことです。
何故ならば、日中、圧で押しつぶされた椎間板が睡眠中に修復されて椎間板の厚みが増すことで、日中は当たっていなかった神経に当たるため起床時に痛みが強く発生します。
椎間板障害の症状は、腰痛の他に、しびれ・感覚異常・運動能力の低下・間欠跛行
(しばらく歩いていると足が痛くなり、少し休憩するとまた歩けるようになる)・咳やくしゃみでも痛みが起こります。ヒアリングと検査の段階で、もしも椎間板障害を疑われる場合、先にMRI検査を受けて頂くようお願いしています。
画像を確認させて頂いた上で、施術可能かどうか判断させて頂きます。

4ストレートネックだと言われたことがある

豊富な不妊治療実績

本来、首の骨は前方にゆるやかなカーブがあり、正常な状態で30~40度ですが、これが30度以下になるとストレートネックと呼ばれます。原因としては、不良姿勢・交通事故やスポーツによる外傷性(むち打ちなど)・加齢によるものがあります。
「スマートフォン症候群」という言葉が出来るくらい、スマートフォンの普及と比例して増加しています。スマートフォンを見ている人の多くは、背中を丸めて首を下に向けた姿勢をとっています。この姿勢は首が後ろカーブとなり、頭を支えながら首・肩・肘を固定するため、首の前側が強く緊張します。人により、首肩こり・頭痛・手のしびれ・ふらつき感などの症状が現れます。パソコンやスマホ操作時は、肘を固定して目線が下を向き過ぎないよう注意しましょう。
普段使いの枕の高さが合ってないと施術効果が半減しますので、必ずチェックします。

5生理痛・排卵痛がつらい

生理痛・排卵痛がつらい

生理の3~4日前からまず骨盤の右側がゆるんで広がり始め、生理が始まると同時に左側がゆるんでいこうとします。骨盤が原因の生理痛は、骨盤が順調にゆるまず停滞してしまい骨盤内で腱に繋がれて浮かんでいる子宮がねじれてしまうことにより痛みが起こります。もうひとつは、子宮・膀胱・直腸を支える骨盤底筋の衰えです。骨盤底筋の衰えにより、これらの臓器は下へと落ちて圧迫されます。
圧迫により子宮自体がねじれを起こしたり、骨盤内の血流も低下して痛みを誘発します。
また、別の考えとしてはプロスタグランジンというホルモンの影響も考えられます。生理時には、プロスタグランジンというホルモンが分泌され、これにより子宮を収縮させ経血を体外に排出させる働きをします。
このホルモンは、他にも血管を収縮したり、胃腸機能と消化酵素の分泌調整の働きもします。普段から胃腸の働きが悪いと、その働きを補うためプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまいます。多く分泌されたプロスタグランジンは血液に取り込まれて骨盤内へと届けられ、子宮は更に収縮することで痛みを起こします。
胃腸の働きが低下すると血流が悪くなり体が冷えます。痛みやストレスを感じても、自律神経を刺激して血管が収縮し体が冷えます。
体が冷えると胃腸の働きが更に低下してプロスタグランジンを過剰に分泌する…負のスパイラルが起こります。
骨盤のバランスを整え、子宮を正しい位置に収めて、骨盤内の血流を促すことが改善の近道だと考えています。

6妊娠時の背中や腰のこりがつらい

妊娠時の背中や腰のこりがつらい

妊娠初期の段階から「リラキシン」という卵巣ホルモンにより、徐々に骨盤がゆるんで出産に適した体づくりを始めます。
妊娠後期になると、骨盤のゆるみも大きくなりお腹も大きく張り出してくるため、腰を前方へ引っ張り、そけい部を圧迫します。
そのため、背中や腰のこり・足の付け根の痛み・足のだるさ・こむら返りを起こします。
当院では、妊娠3ヶ月を経過して安定期に入れば施術を受けて頂けます。出産直前まで施術可能です。
妊娠中は安全を考慮して、うつ伏せの施術は行いません。
横向き・上向き・座位・立位の姿勢で行いますので安心してお越しください。

7産後の骨盤矯正を受けたい、産後の育児疲労で肩・腕・腰が痛い

産後の骨盤矯正を受けたい、産後の育児疲労で肩・腕・腰が痛い

産後の骨盤矯正は効果を高めるために、産後3週間目と産後6週間目の来店をお薦めしています。
骨盤ベルトは、産後2~3ヶ月を目安に装着します。下腹に力が入るようになれば外しても大丈夫です。
育児中は、子供を抱いたまま持ち上げ下げしたり抱き続けたりと腕で支え続けます。
産後2~3ヶ月はお腹の力が抜けた状態のため体幹が不安定となり、体を支えることが出来ず腕力に頼ることとなり肩・腕・腰に痛みを起こします。
痛みは放置すると悪化しますので、我慢せず早めにご相談ください。

なぜ当院で改善出来るのか?

なぜ当院で改善出来るのか?

「曲がった背骨を真っ直ぐにしました。」「骨盤がゆがんでいるから腰が痛むんです。」と言われたことがあると思います。
確かに、間違ってはないですが、それをしただけでは期待する結果は望めません。
施術効果を最大に引き出すには、「根本原因を見つける。」そして「正しい判断を下して対応する。」ことです。
そのために当院では、ヒアリングと検査に時間を掛けています。「体の不調を正確に取り除く」と、人は自然と動けるようになります。
体がストレスなく動けるようになると、人間が本来持ちあわせている自然治癒力が働き始めます。
やがて自分の力で症状を改善することが出来るのです。
自然治癒力を引き出すため、手を使い全身の筋肉・骨格を正しい状態に戻し、姿勢を整えて全身のバランスを良くするのです。
骨格矯正は改善へと導くための施術内容のごく一部に過ぎません。

当院のこだわり

最初から最後までマンツーマンで対応します。

最初から最後までマンツーマンで対応します。

あなたの身体の状態に合わせた施術を心掛けています。ヒアリングから施術まで全て1人で対応し、問題点を改善していきます。

女性が安心して通える施術院です。

女性が安心して通える施術院です。

当院は女性院長のお店です。女性特有なお悩みも、女性同士なので気兼ねなく安心して話せると喜んで頂いてます。

原因を特定するため、初回のヒアリングや検査に時間をかけます。

原因を特定するため、
初回のヒアリングや検査に時間をかけます。

施術を行う上で、日々の生活習慣や身体の状態を正確に知る必要があるため、当院ではヒアリングや検査には時間をかけています。
何故ならば、原因がはっきり分からない時でも、お話を聞いているうちに症状改善のヒントが隠れているからです。
しっかりとお話を聞いて、きちんと検査を行ったうえで、一番良い提案をします。来院早々すぐにベットに寝かせるようないい加減なことはしません。

痛くない心地良い施術です。

痛くない
心地良い施術です。

筋肉に対して刺激や圧力を入れ過ぎてしまうと、より身体の状態が悪くなることがあるので負担のかかるようなことはしません。
性別・年齢・症状による痛みのレベルはそれぞれ異なるので、あなたに適した圧力で行います。
当店には、妊婦の方や80歳代の方にもお越し頂いてます。

治療計画を提案するので必要以上に通わせません。

治療計画を提案するので
必要以上に通わせません。

まず、今ある不調を1日でも早く改善へと導くことが先決です。
そのために、初回時に治療計画を立てて来院回数をご案内します。
痛みのレベルにより異なりますが、平均5~6回で効果が現れます。
最終的に痛みレベルが下がり、通常の生活を送れるようになれば施術終了となります。
そして、再発して辛い思いをしないように、予防として定期的にお体をメンテナンスして頂くことをご提案しています。
無駄に何度も通わせるようなことはしません。

室内から空間全てにおいて「清潔な治療院」を目指しています。

室内から空間全てにおいて
「清潔な治療院」を目指しています。

来院中、気持ちよくお過ごし頂けるように日頃から掃除を徹底しております。
ベットや更衣室等、手が触れるところは施術ごとにアルコール消毒を行い、受付にはお客様専用の手指消毒液を設置。
空間は空気清浄機を設置し、定期的に窓を開けて換気を行い、湿度はウイルス予防を考え50~60%に保つように加湿器と除湿器を使い分けています。
施術時は事前に手洗いとアルコール消毒を行い、必要に応じマスク着用で行います。

施術に対する想い

施術に対する想い

この度は、ホームページをご覧頂きありがとうございます。院長の中西真由美と申します。
私は施術を行う際に、お客様との「共鳴」と「共有」を大切にしています。
一方的に施術者だけで進めるのではなく、お客様に「何が原因なのか。」「どうすれば改善するのか。」を理解してもらい
お互い納得したうえで施術を進めていきたいと思っています。
私自身、この仕事をする前に何度もぎっくり腰を経験しました。一時は3年程激痛としびれに悩まされた事があり、
仕事もままならず趣味の運動も出来ず、中々治らない腰痛にこの先どうなってしまうのか不安な日々を過ごした思い出があります。
痛みの辛さは誰よりもよく解ります。ですから、お客様の不安を少しでも減らすために初回のヒアリングに時間をかけています。
話をしっかりと聞くことで、当院に対する不安が薄れて前向きな気持ちで施術に望めます。
痛みのレベルが確認出来るので、お客様の気持ちになって施術ができます。
施術中も、「何故ここにアプローチするのか?」という理由を細かく説明して不安を解消できるように心掛けています。
お客様からの「生の声」が私のパワーの源です。
「痛みで不安だったが、旅行中、一度も痛みなく過ごせた。」「ゴルフコース前にメンテナンスしてもらうとスイングが軽くなり翌日疲れにくい。」
「今まで数時間ごとに目が覚めていたが、朝まで1度も目が覚めず眠れた。」
来院時にこのような生の声を聞けると私も嬉しいですし、この仕事にやり甲斐を感じています。
あなたの良くなりたい気持ちを、カラダ改善のプロとして責任をもってサポート致します。

MENU