①筋肉疲労による膝痛

Q筋肉疲労による膝痛とは

膝を動かすための筋肉である大腿四頭筋やハムストリング、内転筋が疲労し痛みを生じます。

Q筋肉疲労による膝痛になることで起る症状

皿周りの痛み・内太ももや外太ももの痛み・膝裏の痛み・正座が出来ない・階段の昇り降りで痛い・膝折れ・腰痛などです。

Q筋肉疲労による膝痛になる原因

膝のねじり動作やジャンプの着地時など膝への負担が大きいスポーツの習慣・長時間の立ち作業・床に膝をつけて作業する・傾斜や凹凸のある道を長時間歩くなど、ほとんどが太ももの筋肉である大腿四頭筋の緊張が痛みの原因です。

Q筋肉疲労による膝痛への対応

受傷時「ボキッ」という断裂音があり、かなり腫れがあれば、半月板や靱帯を損傷している可能性があります。この場合、整形外科への通院をお勧めします。
まず膝に腫れはないかを見比べます。次にどの動きで痛みが発生するのか、動作時には痛みがない場合は筋肉に触れてこわばりや硬結を確認します。
太ももの筋肉は一部骨盤に付着し、骨盤のゆがみや股関節の可動制限を起こしますので、骨盤や股関節に関節可動制限がないか検査します。
腰部・臀部・足を中心にゆるめ、骨盤や股関節を矯正してから膝蓋骨(ひつがいこつ=お皿)の動きを調整します。必要に応じてテーピングを施します。
日常生活ではスポーツは中止して頂き、痛みが安定するまで階段は控えエレベーターやエスカレーターを利用てもらいます。

②変形性膝関節症

Q変形性膝関節症とは

膝関節のクッションである半月板のすり減りや膝周りの筋力低下で、膝関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じます。

Q変形性膝関節症になることで起る症状

初期では、朝起きて歩き始めた時、膝に痛みを感じます。痛みは長続きせず、しばらくすると痛みが改善することがほとんどです。
中期になると、痛みが増し歩行障害をおこす・正座やしゃがみ込む動作が出来ない・階段昇降、とくに下りが辛い・膝が腫れる、むくむ・膝に力のかかる動きでコリコリ、ガリガリと音がします。
末期では、痛みは悪化し日常生活に支障が起ります。膝は完全に曲がらず伸びきらない・骨の変形が進み、外見にも関節の変形が目立ちます。

Q変形性膝関節症になる原因

原因が特定できないものとしては、加齢・肥満・筋肉の衰え・膝への負担が大きいスポーツの習慣・O脚や扁平足など足部の変形。病気や怪我が原因の場合、半月板や靱帯の損傷・膝周囲の骨折による関節軟骨の損傷・膝蓋骨の脱臼・膝関節のねんざ・慢性関節リウマチなどです。

Q変形性膝関節症への対応

変形した関節やすり減ってしまった関節軟骨は、元の完全な状態には修復されません。当院では曲がりきらない、伸びきらない膝の機能を高めることを目的に施術します。
膝が動かないぶん、股関節や骨盤にストレスがかかります。まず、股関節と骨盤と腰椎に関節可動制限がないか検査します。
膝に付着する筋肉や、膝と連動する股関節や腰部を中心にほぐします。変形した膝関節は矯正せず、骨盤や腰椎を矯正して股関節を調整することで膝にかかる負担を軽減する効果が見込めます。
日常生活では、サポーターを装着する際は安定性を高めるため両側装着するようお伝えします。足首に負荷がかかる方に対しては、インソールを使用することをお勧めしています。

③O脚、X脚

Q O脚、X脚とは

O脚とは、立位にて内側のくるぶしを密着させた時、左右の膝やふくらはぎがくっつかず、足がラグビーボールのような形に足が曲がってしまっている状態です。O脚はカカトに重心がかかり、足先が外側に向いて外股歩きになります。X脚とは、立位にて膝を密着させた時、左右の足首がくっつかず、足首の間が指4本分ぐらい入る状態です。X脚はつま先の小指側に重心がかかり、足先が内側に向いて内股歩きになります。

Q O脚、X脚になることで起る症状

股関節に繋がる骨盤が傾きバランスを崩すため、肩こり・頭痛・腰痛・顎関節症など様々な症状を引き起こします。また、足のだるさや足裏のアーチが崩れ扁平足や外反母趾になり易いです。

Q O脚、X脚になる原因

ほとんどの原因は生活習慣で、立ち方・歩き方・座り方に問題があります。長い時間をかけて、筋肉の緊張を引き起こし脚のねじれを生みます。
その他、足首の捻挫・脚の骨折・靱帯の損傷など怪我の影響や、リウマチや変形性膝関節症など病的な影響で起こります。

Q O脚、X脚への対応

O脚X脚共に、足や臀筋の筋肉が使い過ぎで張っている部分と、使えてなくて弱っている部分にはっきりと分れます。骨盤は傾き股関節や膝関節にもねじれを生じてる状態です。
足裏に体重がバランス良くのらないため、足指を上手に動かせず足裏のアーチは崩れ扁平足になりやすいです。
使い過ぎの筋肉に対してゆるめて動きやすくし、骨盤を矯正して股関節・膝関節・足関節のねじれを調整します。
足のアーチを整えるため足指も動かしますので、5本指ソックスをご持参頂き、当院で履き替えてください。
施術にて体のバランスを整えることは大切ですが、ご自身で使い過ぎる筋肉をストレッチし、使えていない筋肉をトレーニングして鍛えて、正しい歩行と座り方を意識して頂くことが重要です。
怪我や病的が原因の方に対しても同じことは言えますが、無理なくその方の出来る範囲のことをアドバイスします。又、補助としでサポーターやインソールの使用を提案します。